2008年10月14日

写真など憶えてみようかと

NIKON_CoolpixP6000.jpg

あまりいいこともも無いので写真など憶えてみようかと
いやいや多少でも表現の幅が拡がればと、、

いきなり一眼レフを購入しても飽きてしまったらもったいないので
絞りやシャッタースピードを操作できる入門機クラスのもので探したら
ニコン『COOLPIX P6000』と、キャノンの「PowerShot G10」で迷ったのですが、
いつもお世話になってるスタジオのカメラマンさんにに相談したところ 

・コンパクトデジカメサイズのレンズだと大差はない
・やっぱりカメラはレンズ
・ニコンのニッコールレンズがキレイ

とのことから『ニコン「COOLPIX P6000」』に決定!
けしてキムタクのCMの影響ではありません、、

やはり良いレンズで撮るとある程度の写真がオートで撮れちゃいます、、

semi_2008.jpg
我が家の庭の紫陽花についていた夏の名残、、接写で多少ピントがあまいのはご容赦!
絞り気味にして蝉の抜け殻にフォーカスがいくようにしてみました、、

grape.jpg
実家の母が送ってくれた巨峰
これまた接写で多少ピントがあまいのはご容赦。。

白い皿がレフ板代わりになり、みずみずしさと発色がキレイ


デザイン重視のコンパクトデジカメに比べるとグリップ部分がホールドしやすいデザインになっています
最近は、機能を追求するとこんなデザインになりました的なデザインの方が魅力を感じます
アノニマスデザインの先駆者「柳宗理」さんは昔から大好きでしたが、その傾向がより広範囲になってきた感じかもしれません

いやいや「上田義彦」「藤井保」レベルの写真を撮れるように(笑)オートではなくマニュアルで撮れるようにならねばっっ
ちょっとだけ勉強したところ、基本的には「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の組み合わせで写真は決まる
しかし、そんなに写真経験は多くないためどの状況でどの組み合わせにすればよいかの判断ができない
最近のカメラはカメラ自体が測光してくれる機能があるので、それをもとにすればいいのかと、、?
これから紅葉の美しい季節なのでボチボチ憶えていこうかなと

これではまれば一眼レフにっ!
だが写真は難しいデス、、


posted by ζ`cooya at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。