2009年12月19日

GUNS N' ROSES Chinese Democracy World Tour in OSAKA

OsakaDome20091216.jpg

W AXL ROSE率いる"GUNS N' ROSES"のワールドツアー日本は大阪公演に参戦!

GUNS N' ROSESのLIVEは、1992年の東京ドーム以来です。
なんとっもう17年前っ、、!
オリジナルのメンバーは、ボーカルのAXL W ROSEのみとなり、昨年14年ぶりのオリジナルアルバム"Chinese Democracy"を発表後のワールドツアー!

結論からいくとW AXL ROSEは本物のカリスマでした!

正直なところ、始まるまで不安でいっぱいでした、、
ボーカルのAXLのみのGUNS N' ROSESがどんなカタチをしているのか

もしかすると、寄せ集めのメンバーでおざなりの音を放つのか
しかしそれは、演奏が開始するとともにみごとに霧散!
かつてのメンバーの演奏は確かに素晴らしかったのだが、新しいメンバーも、徐々にバンドのカタチを見せ始めていました

ギターのSLASHのこれまでのプロジェクトも、ベースのDuffのプロジェクトも、今ひとつグッとくるものがなかった
Velvet Revolverも繰り返し聞くほどの魅力を感じられなかった
アルバム"Chinese Democrasy"は聴き、とても良く出来たアルバムなのだが、なにかが足りないという違和感があった
それはかつてのメンバーたちのバイブというかニオイのようなものではないのかと思っていた
だが、そのクォリティーは、他のメンバーが産み出したものとは明らかに一線を画していた
ずっとそれはなにかと考えていたが、その答えが今回のライブで確信となった
恥ずかしながら、その違和感は私自身の固定概念
紛うことなく不世出のカリスマ性、表現力、唯一無二の声を生まれもったAXL
その存在自体がGUNS N' ROSESだったのだ
彼の吸引力があのバンドをモンスターバンドにしたのだ

セットリストは後述のとおり
開演は案の定1時間押しの21時過ぎ
気が付くと時計は24時にさしかかろうとしていた
だがSHOWは、まだ終わる気配がない
私もつまらない大人になってしまったのだろうか
あと5歳若ければ、終電など関係無く最後までその興奮を味わい続けていたに違いない
あとから知ったセットリストの残り2曲を聴くことなく後ろ髪をひかれつつ会場をあとにした
今になって後悔。。
結局3時間17分をGUNS N' ROSESは走りきった
なんと至福の時間だったかは、体験したものにしか分からないだろう
きっとロック史に残るLIVEとなることは間違いない

無作為に並べられたそれまでの楽曲のストックを総て詰め込み、同時に2枚のアルバムを出したり、キレて客席に飛び込み、ライブを終わらせてしまったり
数々の逸話を残してきたAXLだが、その既存概念にとらわれない存在自体がまさしく"ROCK"なのだと
GUNS N' ROSESは最後のロックバンドであり、AXLは最後のロックアイコンなのではないだろうか

ROCKがROCKでなくなり、もうだいぶ時を経てAXLがその興奮を思い出させてくれた
2日たった今でも興奮が冷めない
最高の夜だった

Date: Wednesday December 16,2009
Venue: Kyocera Dome
Opening Act: MUCC
Setlist:

1.Chinese Democracy
2. Welcome To The Jungle
3.It's So Easy
4.Mr Brownstone
5.Shackler's Revenge
6.If The World
7.Richard Fortus solo
8.Live and Let Die
9.Sorry
10.Rocket Queen
11.Prostitute
12.Dizzy Solo
13.Street of Dreams
14.Scraped
15.Frank Solo
16.You Could Be Mine
17.Axl Piano Solo
18.November Rain
19.IRS
20.DJ Ashba Solo
21.Sweet Child O' Mine
22.Catcher In The Rye
23.Out Ta Get Me
24.Bumblefoot Solo (Pink Panther)
25.Knockin' On Heaven's Door
26.Whole Lotta Rosie
27.This I Love
28.Nightrain

Encore:
29.Madagascar
30.Better
31.Sonic Reducer (The Dead Boys)
32.Patience
33.Don't Cry(Intoro)〜Paradise City


【関連する記事】
posted by ζ`cooya at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。